ひとり旅、ときどき日常

2020年2月に世界一周に出発?!好奇心旺盛大人女子冒険ブログ

一人旅が不安・・・でも一緒に旅してくれる友人もなかなかいない・・・

こんばんは!毎日、旅のことばかり考えているシラトリです。

きっとみんなもそうでしょう?

以前、ちょろっと旅友について書いた事があるのですが、今日はその旅友についてです。

 

www.shirat0ri.com

 ひとり旅が不安なら旅友を探そう

f:id:shirat0ri:20190322230205p:plain

いくら大人女子と言えども、ひとり旅が不安な人は世の中にはたくさんいるでしょう。

ひとり旅どころか、ひとりで外食することさえできないという女子もいますね。

シラトリは一人でとんかつ屋に行ってもご飯三杯おかわりできるくらいの立派な?大人女子ですから、一人ご飯なんて屁のカッパです!

 

今ではひとり旅も屁のカッパですが、そんなシラトリも過去には友人やタビトモと旅する事もありました。

自分が行きたい旅先があっても友人はその旅先に興味がなかったり、興味があってもなかなかスケジュールが合わなかったり、ピンポイントで友人と意見が合致することはなかなか難しいことではないでしょうか。

そもそも旅行自体に興味がない人や、パスポートすら持っていない人もいますね。

口だけ人間に要注意 

あと、シラトリが一番嫌いな女の典型が

嫌な女の典型「海外行ってたの?うわー、いいなー、すごーい、行きたーい!」

シラトリ「じゃあ今度一緒に行こう!」

嫌な女「行く行くーーーーーーーー!」

シラトリ「じゃあ来月か再来月あたり○○○行こうか?」

嫌な女「え、、、あ、、、ちょっとお金が・・・」

これ、よくあるパターンです。

お前、最初から行く気なかっただろって感じですw

最初から行くとか言うなよ、って思います。

こういう女って旅行に限らず、だいたい何に対しても「うわー、かわいー!すごーい!」ばっかり。

口だけ、言うだけ、の人間は要注意です。

 タビトモはネットで探す

という訳で、シラトリは身近で旅仲間を探すことに見切りをつけたのです。

世の中には旅好きの人がたくさんいるわけで、目的が同じ人を探した方が早いと気が付いたんです。

ネットでチョット検索すれば旅友や旅仲間を探している人がたくさんいます。

そういう人と旅行に行ったらいいんです。

もちろん自分が募集する事もできます。

シラトリが初めて旅友と旅に出たのはフランスとローマのフリーツアーで、メールでやり取りをして日程や行く場所を相談しました。

出発当日の空港が初対面でしたがメールでずっと話していたので実際会ってもすぐ打ちとける事ができました。

凄くいい人で、旅行後もしばらくメールでやりとりしていましたが、その後シラトリはカナダへのワーホリだったり、相手の方も結婚やら何やらで連絡先がわからなくなってしまいました。

メールなら引越しとか関係ないじゃん、と思うかもしれませんが当時彼女とはポストペットというメールでやり取りしてて、確か契約してないと利用できなかったような?

今もまだポストペットってあるのかな?

 

「でも、知らない人と旅行するなんて不安」と思う人も多いでしょう。

そうでしょうね、シラトリはたまたま初めての旅友がいい人だったから、その後も何度も色々な旅友と旅する事ができたのかもしれません。

ただ、旅好きに悪い人はいない!と思いたいです。

ってか、実際悪い人なんていませんでした。

案ずるより産むが易し、です。

 一緒に旅する人が見つかったらマメに連絡を

なかには明らかに出会い目的の人もいますが、そんな人はメールの内容ですぐにわかります。

あと注意すべき点としては連絡がマメに取れない人はやめておいた方が賢明です。

これは自分もですし、相手もです。

メールでお互い信頼関係を築く感じですね。

今はラインとかでもいいかもしれません。

 

それから自分の中で予定時期が決まっている場合でも、何ヶ月も前から募集をするのも微妙だと思います。

それこそ「行く行くー!」でギリギリになって「お金が・・・」ってパターンになりがちです。

韓国などの近場だったら1~2ヶ月前、遠方だとしても3~4ヶ月くらい前がいいのではないでしょうか。

そしてテンポ良く話を進めていかないと、お互い熱が冷めてしまったり、またまた「お金が・・・」パターンになります。

 

まぁこの「お金が・・・」パターンは実際にお金がない場合もあるかとは思いますが、一番簡単な断りの常套句なんでしょうね。

シラトリは一回も使ったことはありませんがw

 

やがてシラトリは旅友にも見切りをつけ、完全ひとり旅にシフトチェンジして行くことになるのですが、今でも現地での飲み仲間などは募集したりしてます。

ここ数年は日本人ではなく現地人と現地で合流して飲みに行くことが多いです。

ではでは皆さん、良い旅ライフを!