ひとり旅、ときどき日常

2020年2月に世界一周に出発?!好奇心旺盛大人女子冒険ブログ

【アゼルバイジャン】キャビアとワイン

今日は8時半くらいに一旦起きたのに、トイレに行ってまた寝たら次に起きた時はすでに昼過ぎだったシラトリです。

これはヤバい傾向です。

こんな風に昼過ぎに起きる癖がついてしまうとすぐ夜型になってしまいます。

これは何としても軌道修正しなければいけないと思うシラトリなのでした。

 

さぁ、今日もブランチからスタートと行きたいところですが、既に時刻は13時くらいになろうとしていたのでブランチというより完全にランチですね。

 

大盛サラダ&パンを食べました。

 

f:id:shirat0ri:20200326002327j:image

 

サラダを作った後に、ちょっと洗い物がしたかったのですが他の人が洗い場を使っていたのでボーッと佇んでいたら「今日は写真は撮らないのか?」とパキスタン人に言われました。

「彼女は毎日食事の写真を撮っているんだ」と彼は周りの人にも宣伝していましたw

ちなみに彼は肉はヤギの肉しか食べないんだそうです。

それが宗教的な理由なのかはわかりませんが、シラトリがヤギの肉は食べたことがないと言ったら驚いていました。

日本では一般的にヤギの肉は売っていないと言っておきました。

 

その後は公園へ。

今日の公園は初めて行く公園です。

どの公園にもだいたい噴水か水場がありますが、水は止まっています。

寒い時期は水を止めてるとかなんでしょうか?

 

f:id:shirat0ri:20200326002353j:image

 

 どの公園にもベンチは余るほど設置してありますので満席で座れないということはありません。

お好きなベンチを選ぶことが可能となっております。

 

2時間ほど公園で過ごし、だんだん肌寒くなってきたころにスーパーへ。

キャビアを発見!

さすが旧ソ連だけあります。

 

f:id:shirat0ri:20200326003619j:image

 

なんとお値段は1.45マナトです。

日本円で100円くらいです。

さすが、旧ソ連だからといって安すぎじゃないですか?

 

f:id:shirat0ri:20200326003635j:image

 

翻訳アプリのカメラ機能を使って確認したところ、「模倣キャビア」と翻訳されました。

一体何からできているんでしょうね?

キャビアって数えるほどしか食べたことないんですが、しょっぱいだけで美味しいと思ったことはないです。

もしかして模倣キャビアだったんでしょうか?

でもキャビアって正直、見た目というか色的にも食欲をそそる感じがしないと思いませんか?

シラトリは好きじゃないですw

でも出されたら食べますw

 

その後はワイン売り場を物色。

 

f:id:shirat0ri:20200326003734j:image

 

見た目がお洒落、安い、アゼルバイジャンのワイン、ということでこの1本を選びました!

赤ワインのセミスイート?!

 

f:id:shirat0ri:20200326003755j:image

 

何でも持っていく系旅人のシラトリですがワインオープナーは持ってきていないので1番安いのを買いました。

どうして100円ショップの栓抜きとワインオープナーが一緒になったやつを持ってこなかったんだろうと後悔しました。

 

www.shirat0ri.com

 

ワインのお値段は4.55マナトで日本円で300円くらいですが、もっと高そうに見えますよね?w

 

f:id:shirat0ri:20200326003808j:image

 

 これを飲んで夜型に傾いた生活を軌道修正する作戦でもあります。

宿に帰ってから知った衝撃的事実。

このワイン、ワインオープナー必要ありませんでした!

さすがに安いワインはコルク使ってないんですかね。

無駄な買い物をしてしまって後悔です。

そのうち使う時は来るのでしょうか!