ひとり旅、ときどき日常

2020年2月に世界一周に出発?!好奇心旺盛大人女子冒険ブログ

【アゼルバイジャン】パキスタン人の熱い夜と治らない脚のかぶれ

昨日、ブログを投稿した後にナデルにメッセージってみました。

少しやり取りした後、

「どこにいるの?」

「自分の部屋だよ」

となり、次の瞬間、誰かがノックしたかと思ったら、いきなりナデルが部屋に入ってきましたw

おーーーい、ナデル!

ナデルには全く悪気はなかったようですが、こっちとしては下着とか干してたりするし、「バルコニーに行こう!」と言って部屋から連れ出しました。

バルコニーに行くと我に返ったのか、「部屋に許可なく入ってごめん」ってメッチャ謝られました。

ナデルーーーーー!

カワユス!

 

熱い夜を2日連続繰り広げた男女がチェックアウトして以来、隣室は空室となり静かだったのですが昨日の夜またザワザワし始めました。

昨日の夜は結構涼しかったのですが、珍しくシャワーのお湯が超熱かったせいでシャワー後しばらく汗が引かず共有ルームに接するバルコニーで涼んでいたシラトリなのでした。

すると、シラトリの隣室にパキスタン人の1人が入っていくではないですか!

ナデルと同じ部屋のパキスタン人ですが、ナデルと友達というよりはナデルよりかなり年上でただ単に同室のパキスタン人という感じです。

実際の年齢は知りませんが、えーっと、ちょっと何ていうか、おハゲになっているのでそう判断しましたw

 

また新しいパキスタン人が来るから、その人のために部屋を用意しているのかな?と思ったりしたのですが、そうこうしているうちに女性を伴って部屋に入っていきました。

パキスタン人の女性のようにも見えましたが、どこの国の人かは不明です。

泊るところがなくて困っている旅人を助けてあげた?などとも考えたりしもしたのですが、彼女は手ぶらのようでした。

その状況を共有ルームで見ていたのび太は妙にウキウキソワソワしています。

そして走ってどこかに行ったかと思うと、やがて役立たずのスタッフを連れて戻ってきました。

スタッフは隣室のドアをノックすると、たぶん部屋代を徴収していました。

パキスタン人が勝手に女性を連れ込んで、それをのび太がチクりに行ったってことですね。

 

パキスタン人と女性、2人の間に会話はほぼありません。←またちゃっかり聞いてるw

 

そして、結局、熱い夜がーーーーーーーーー!

お前もかーーーーーーーーーーー!

 

昨日も書きましたがアゼルバイジャンの宿のベッドのマットレスは限りなく100%に近い確率でへたっているせいもあって、軋む音が超聞こえますw

んじゃ何?

彼女は風俗的な人だったってこと?

ちなみに彼はムスリムではありません。

アゼルバイジャンの思い出として帰国前に現地の女性を味わったということでしょうか?

 

そして今日です。

今日は朝から曇っていて雨の予報が出ています。

ランチの準備をしていると、昨日熱い夜を繰り広げた彼がやってきました。

「昨日どうだった?」

なーんて聞けるはずもなく、いつもと変わらず挨拶を交わし、いつもと同じような1日の始まりです。

 

いつもと変わらないランチです。

今日のトマトはハズレでした。

外側から見た分にはわからないのですが、切ってみると中の大部分が青いというか白いトマトでした。

 

f:id:shirat0ri:20200629005322j:image

 

ランチを食べてる途中で雨が降り出してきました。

珍しく、傘が必要なくらいの雨です。

 

そういえば、鼻は治ったっぽいです。

でも脚のかぶれ?湿疹?は治りません。

 

f:id:shirat0ri:20200629011033j:image

 

最初はほぼ症状のなかったふくらはぎに後日症状が出て、しかも悪化したような気さえします。

今度はこれで病院に行くことになったりして。

でもこれ、ただ単にかぶれてるだけではなくて、ストレスとかも関係あったりするんじゃないかなと思ったりするのでした。

 

午後のヒマヒマタイムは天気が悪いこともあってか、ベッドに横になって天井を眺めていると、妙に憂鬱な気分になりました。

あと2日でナデルもパキスタンに帰国してしまうし、いつアゼルバイジャンを出れるかもわからないと思ったら急に不安になりました。

 

夕食はナスのパスタとマウンテンデュー。

我ながら盛り付けのやっつけ感が酷いなと思います。

 

f:id:shirat0ri:20200629005326j:image

 

ナデルはもう心は一足先にパキスタンに帰ってるような感じで友達とのやり取りに大忙しです。

さみしー!