ひとり旅、ときどき日常

2020年2月に世界一周に出発?!好奇心旺盛大人女子冒険ブログ

旅人のバイブル「深夜特急」に迫る面白さ

 最近、膝に違和感を覚えている大人女子シラトリです。

何か嫌な予感がするので早めに病院に行こうかなと思い始めました。

やっぱり身体のあちこちにガタがくるお年頃なんですねぇ。

 

はてさて、新しい年になりましたが旅人の皆さんは次の旅先はもう決まりましたか?

シラトリはつい先日、今年一発目の旅先は予約したので、後はそれ以降の旅を考えるのみとなっております。

先日もチラッと書きましたが1月7日発券分から出国税が徴収されるので、近々旅行予定の方は早めの発券をお勧めします。

 

それはそうと、旅人の皆さんは「深夜特急」は読んだことありますか?

旅人のバイブルとかバックパッカーのバイブルとか言われるくらいの本ですから旅好きの皆さんはもちろん読んでますよね!

シラトリももちろん読みました!

実話なのでまるで自分が旅しているような、そんな気分になる本です。

沢木耕太郎が20代の頃の旅の話なのですが、今読んでも全く古く感じないというかなんというか、続きが気になって仕方ない本でした。

セレブな旅行しかしない方は方向性が違うので全く共感できないかもしれませんが・・・

 まだ読んだことがない人は1度読んでみても損はないと思います!

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

 

で、深夜特急を読んだ人にオススメしたいのが何を隠そう「珍夜特急」です。

タイトルだけ見ると完全に深夜特急のパクリか何かかと思われがちですが、これがまた面白いんです。

バイクで旅をする話なのですが、バイクの知識なんぞ皆無のシラトリでさえ面白くてサクサク読めたくらいです。

バイクならではのトラブルや苦労などもありつつ、サバイバル的な要素もありつつ、登場人物もなかなか濃かったりして、これまた一緒に旅してる気分にさせてくれます。

タイトルこそふざけた感がありますが内容は至って真面目で、これまた深夜特急同様、続きが気になる本でした。

珍夜特急はなんとセカンドシーズンまで出ているのですが、短期間で一気に読破しました。

珍夜特急1―インド・パキスタン―

珍夜特急1―インド・パキスタン―

 

 ただ、この珍夜特急は一般に発売されている本ではなく、kindleだけでしか読めないんですね~。

シラトリはちょうど去年のプライムデーのあたりに無料のプライム会員になり、その時にKindle Unlimitedの二ヶ月99円というキャンペーンをやっていたので、その時に一気に読破しました。

っていうか、ずっと読みたくて気になっていたのでラッキーでした!

99円でセカンドシーズンまで全部読む事ができたので。

クロサワコウタロウさんには申し訳ないですが・・・

 

シラトリ的には深夜特急と同じくらい面白かったので機会があったら読んでみてください。

旅人の方にオススメの本です!