ひとり旅、ときどき日常

2020年2月に世界一周に出発?!好奇心旺盛大人女子冒険ブログ

【アゼルバイジャン】ビザとSIMとビール

ネパールのカトマンズからはなかなか出国できなかったのに、アゼルバイジャン入国は超アッサリ入国できたシラトリです。

 

まず、アゼルバイジャンはビザが必要なので飛行機を降りたら、入国審査前にビザ申請マシンで手続きをします。

日本人だけは無料です。

噂通り、マシンの前でモタモタしているとスタッフが駆け寄ってきてくれて、ほぼスタッフが操作してくれます。

自分は電話番号とホテル名を入力する程度です。

すると、レシートみたいな紙が出てくるので、それを持って入国審査です。

よくある機内で配られる入国書類なども一切ないです。

コロナ関係の14日以内にどこにいましたか?的な書類もないです。

パスポートとレシートを出すだけです。

 

どこの国の入国審査もだいたい混んでいるものですが、アゼルバイジャンのバクー空港は混んでいませんでした。

並ぶこともありません。

ただ、

Why come to Azerbaidzhan?

と聞かれました。

え、、、なぜ?

予想外の質問。

何でって言われても困るわ!

と言いたいところでしたが、興味があるので的なことを答えました。

スタンプは即押されました。

 

でも、よくよく考えたら、きっと「観光」とか答えれば良かったんだろうなと思いましたw

すっとこどっこいなシラトリです。

 

入国し両替をすることにします。

カトマンズでネパールルピーから米ドルに両替した中のヨレヨレの紙幣20数ドルだけ両替しました。

その後はバクーカードを買ってバスに乗ります。

このバクーカードを買う時に制限時間があって、早くお金を入れないと最初からやり直しになります。

予め、お金を用意してからマシンを操作しましょう。

 

f:id:shirat0ri:20200313180929j:image

 

17時ちょい前に乗り込んだバスは17時に出発しました。

グッドタイミングでした。

約30分で終点に到着です。

 

そこからは大荷物と共に歩いて宿まで向かいました。

空港に到着した時はまだ陽があり、暖かいくらいでしたが、宿に到着して陽が落ちるとあっという間に寒くなりました。

 

チェックイン後はSIM カードを買いに行くことにしました。

まず、azercell に行って料金を聞いたのですが、アゼルバイジャンは初めてかと聞かれ、初めてと答えると下の表を出されました。

 

f:id:shirat0ri:20200313181510j:image

 

むむむ、何か先人の旅人情報より高くね?

初めてじゃなく2回目と答えれば料金は違うの?

とも思いましたが、予想外に高かったので考えると言って一旦店を出ました。

 

次にbakcell に行ってみると、また初めてかと聞かれ、SIM は6マナトとのことでした。

ちなみに、入国審査の時もアゼルバイジャンは初めてかと聞かれました。

アゼルバイジャンは初めてかどうかが重要なようですw

 

パッケージプランみたいなのは5ギガついて6+10で16マナトとのことで、どう考えても5ギガも使わないとは思いましたが面倒なのでそれにしました。

 

SIMの料金を現金で支払ってしまったので、手持ちの現金が少なくなってしまいました。

何でクレジットカードを使わなかったんだろうと後悔。

現金を入手するためにATM でキャシングすることに。

銀行も結構目に付くし、ATMもなかなか多いです。

しかし、×マークが画面に表示されているATM が結構多いんです。

きっと使えないんでしょう。

 

f:id:shirat0ri:20200313181548j:image

 

何だかアゼルバイジャンのATM が信用できなくなってしまいました。

何かの拍子にクレジットカードを吸い込まれても困るので、今後の支払いはクレジットカードですることにして極力現金を使わない作戦にすることにします。

 

物価調査のためにスーパーに潜入!

 

f:id:shirat0ri:20200313184119j:image

 

ビールが安いです!

1マナト=65円くらいです。

これだけ安かったらレストランで飲んでも安いでしょう。

コーラも超安かったです。

50円くらいだったような?

 

ということで、夕食は宿のスタッフに聞いたレストランでビールも注文します。

 

f:id:shirat0ri:20200313184357j:image

 

500mlで3マナトだったと思います。

 

ピザみたいでピザじゃないピザに似た感じのコレ、超気に入りました。

 

f:id:shirat0ri:20200313184451j:image

 

アツアツで上顎を火傷して皮がベロンとめくれましたが、コレ絶対また食べます。

支払いはもちろんクレジットカードで。

 

前日は空港のラウンジで仮眠程度だったこともあり、すごく眠かったので宿に戻ってシャワーを浴びて早めに就寝しました。

そんな感じでアゼルバイジャンの1日目は終了。